記事コンテンツ

記念になる!手づくりのランドセルで思い出を形に残そう!

ニューカラーで楽しもう

2022/03/01 掲載

春は卒業や卒園、入学など、新たな節目となる季節ですね。たくさんの楽しい思い出や、これから始まる生活へのワクワクする気持ち。今回は、そんな思いを形にした記念に残る作品として、ランドセルの置物のつくり方をご紹介します。一般的な形の小さいサイズと、写真を入れることができる大きなサイズの2種類をご用意しました。お好きな方を作ってみてください。

【準備するニューカラーRシリーズ】

あか:ランドセル
ゆき:名前札

※お好きな色をお使いください。

【準備する道具】


のり、はさみ、カッター

※はさみやカッターなどを使う場合はけがをしないようにお気をつけください。

ランドセル(一般的な形)のつくり方

【つくり方①】
型紙どおりに紙を切り抜きます。
(▼印の実線部分はカッターで切り込みを入れておく)

【つくり方②】
山折りと谷折りをして必要な箇所はのりで貼りつけます。

【つくり方③】
ベルトのパーツは端を貼り合わせて輪っか状にし、②でできたランドセル本体の背中側に貼りつけます。

【つくり方④】
名前札を切り抜き、名前を書いた後、ランドセルのふたを開けて見える面に貼りつけます。

ランドセル(一般的な形)の出来上がりです。

箱の下の切り込みにふた部分の出っ張りを差し込んでできあがりです。
少し大きめのランドセルをつくって記念写真を入れることもできます。

ランドセル(写真が入るサイズ)のつくり方

【つくり方①】
型紙どおりにパーツを切り抜き、山折り線・谷折り線に沿って折っていきます。
A4プリント用の型紙では、ランドセル本体のパーツが2枚に分かれて印刷されます。
その場合、パーツを型紙から切り抜いた後、箱の底部分を貼り合わせてください。

最後に記念写真を入れてみてはいかがでしょうか。

ランドセル(写真が入るサイズ)の出来上がりです。

作品を通じて、これまでの楽しかったことを思い出したり、新たな始まりに向けての楽しみを感じていただけたら幸いです。
この春、卒園や入学を控えた方にプレゼントするのも良いかもしれません。ぜひお好きな色の紙でつくってみてください!

今回の作品で使用した色画用紙のほかにも、豊富なカラーバリエーションを取りそろえております。

最新記事