記事コンテンツ

まるで本物!?カラフルな花束をつくってみませんか?

ニューカラーで楽しもう

2022/12/12 掲載

3月は卒園式や卒業式の季節。お世話になった人に感謝の気持ちを込めて、いつまでも枯れない紙の花束を贈りませんか?今回ご紹介するのは、花びらを丸めるタイプと、輪っかでつくるタイプの2種類です。花をまとめるラッピング紙と、かわいいリボンもつくるので、本物のような花束が出来上がります!

【準備するニューカラーRシリーズ】

<花束:A>
ひまわり、こいもも、むらさき、やまぶきいろ:花びら
こいきみどり:茎
みどり:葉っぱ
ラベンダー:包装紙
あか:まとめ帯、リボン

<花束:B>
ひまわり、こいもも、むらさき、やまぶきいろ:花びら
こいきみどり:茎
みどり:葉っぱ
ライトブルー:包装紙
みずいろ:まとめ帯、リボン

※お好きな色をご使用ください。

【準備する道具】


はさみ、カッター、のり、長めの鉛筆

※はさみ、カッターなどを使う場合はケガをしないようにお気をつけください。

<花束:A>をつくっていきます。

【つくり方①】
定規を使って折り線に沿うようにボールペンで強めに線を引き、折り癖をつけ、切り抜き線に沿って切り出します。

★ポイント:折り癖をつけておくと折りやすくなります。

【つくり方②】
半円の中心を曲げながら折った部分を貼り合わせていきます。

★ポイント:半円の中心に指を挟みながら折れ線を貼り合わせるときれいにつくれます。

【つくり方③】
[茎]を切り出していきます。

【つくり方④】
鉛筆を用意し、切り出した[茎]の●印に鉛筆を当て、紙と一緒にクルクル巻いていきます。巻いた後にテープで固定し、茎の中の鉛筆を取り出します。

【つくり方⑤】
1色ずつ茎を囲むようにテープで固定していきます。

【つくり方⑥】
3本の茎をまとめてテープで固定して花束にします。

【つくり方⑦】
[葉っぱ]を切り出していきます。

【つくり方⑧】
茎部分に葉っぱをテープで貼りつけていきます。

★ポイント:葉っぱは指でなぞって反らします。

【つくり方⑨】
[包装紙]を切り出して、折り目に沿って折っていきます。

【つくり方⑩】
包装紙のを裏返した状態で花束を包み、包装紙が重なる部分をテープで固定します。

【つくり方⑪】
ハサミで包装紙からはみ出ている茎を切り、長さをそろえます。

【つくり方⑫】
[まとめ帯]と[リボン]を切り出します。

【つくり方⑬】
包装紙と茎の境目を[まとめ帯]で固定しながら巻いていきます。

【つくり方⑭】
[リボン]パーツを貼り合わせて、できたリボンをまとめ帯の上に貼りつけて完成です。

★ポイント:リボンの輪っかの部分を指でふくらませると立体的なリボンになります。

<花束:B>をつくっていきます。

【つくり方①】
[花びら]を切り出していきます。

【つくり方②】
両端を合わせた部分にのりづけしていきます。

★ポイント:中央に指を挟みながら貼りつけ、曲面を保ったままにしておきます。

【つくり方③】
[茎]を切り出していきます。
※<花束:A>の【つくり方③】【つくり方④】と同じ工程です。

【つくり方④】
花を1色ずつ茎の上部に当てて、囲むようにテープで固定していきます。

【つくり方⑤】
4本つくり、まとめて茎部分をテープで固定して花束にします。

【つくり方⑥】
[葉っぱ]を切り出していき、茎部分にテープで貼りつけていきます。
※<花束:A>の【つくり方⑦】【つくり方⑧】と同じ工程です。

【つくり方⑦】
[包装紙]を切り出し、折り目を折って、折り目を裏返して花束を包みます。
包装紙が重なる部分をテープで固定します。
※<花束:A>の【つくり方⑩】と同じ工程です。

【つくり方⑧】
ハサミで包装紙からはみ出ている茎を切り、長さをそろえます。

【つくり方⑨】
[まとめ帯]と[リボン]を切り出していきます。

【つくり方⑩】
包装紙と茎の境を[まとめ帯]で固定しながら巻いていきます。

【つくり方⑪】
[リボン]パーツを貼り合わせて、リボンをまとめ帯の上に貼りつけて完成です。

★ポイント:リボンの輪っかの部分を指でふくらませると立体的なリボンになります。

紙でつくった花束の完成です。

小さいけれど、本物に負けないかわいらしい花束ができました。紙のお花を束ねて包装紙で包む工程があるので、まるでお花屋さんになったような気持ちが味わえるはず。自分の好きなお花をたくさんつくって、お子さんと一緒にお花屋さんごっこをするのも楽しいかもしれません。

「花束」の型紙をダウンロードしてつくってみよう!

今回の作品で使用した色画用紙のほかにも、豊富なカラーバリエーションを取りそろえております。

最新記事